脳と心のクリニック

外観

脳と心のクリニックのご案内

■ 院長
山村 一仁

■ 所在地
〒300-0312
茨城県稲敷郡阿見町南平台1丁目32番1

■ TEL
029-819-4047

■ 診療科目

  • 脳神経外科・内科・小児科・外科
  • 脳健診

■ 施設名
阿見南平台リハビリステーション

理学療法士:野口 雅史


■ 休診日
木曜、日曜、祝日

■ 受付時間
午前   8:30~11:30
午後 13:30~16:30

初診受付サービス
受付時間
午前

/


午後


/



アクセス

医療設備

アクセス

  • オープン型MRI
  • 脳波検査装置
  • 血液検査装置
  • 心電図検査装置


阿見南平台リハビリステーション

南平台リハビリステーション
南平台リハビリステーション

※画像クリックでPDFファイルが別ウインドウで表示されます。

脳の健診 MRI検査について

■検査の目的

MRI検査について

最も重要な目的は脳動脈瘤の発見にあります。脳動脈瘤は「くも膜下出血」の最大の原因であり、くも膜下出血の約80~90%は脳動脈瘤の破裂によるものです。

動脈瘤が破裂してくも膜下出血に至るのは人口10万人あたり10~20人程度と考えられていますが、脳動脈瘤は人口100人あたり4~6人が持っていると云われています。単純計算では阿見町では成人1200人から1800人が脳動脈瘤を持っている可能性があります。

近年、MRI検査の普及によりくも膜下出血発症前に原因となる脳動脈瘤を発見することが可能となり、脳動脈瘤を破裂前に処置して「くも膜下出血」の発症を防止することが可能となります。

脳動脈瘤とは「血管にできる風船状の膨らみ」のことです。ほとんどは血管の分岐部(枝分かれの部分)にできますが、一部は血管の管(幹)の部分にできることもあります。

■もし、あなたがくも膜下出血になったら

もし、あなたがくも膜下出血になったら

20%の死亡:多くは病院搬送前にに死亡か手術に至らず死亡します。
30%重度後遺症:寝たきりから自力での生活ができない状態。
25%後遺症:言葉が理解できるかどうかが重要になります。
25%の社会復帰:救急体制の整備や医療技術の進歩が貢献しています。

年齢と後遺症の程度にもよりますが、介護にかかる費用は数千万円に達すると云われています。この「くも膜下出血」を発症前に治療することは非常に重要な事です。

くも膜下出血は病気の中で唯一原因が明らかであり、治療により確実な予防が可能な疾患です。破裂前に処置した場合、基本的には「後遺症を残さない。」事が脳神経外科医の信条であり                                 多くは達成されています。

■その他の疾患  MRIでわかる疾患

脳梗塞、脳腫瘍、慢性硬膜下血腫、脳動静脈奇形など

認知症は脳の機能の衰えであり、病気と考えるべき状態と病気ではない生理的な衰えがあります。脳の委縮と認知症は必ずしも一致はしません。


人間ドックのここカラダ